高卒はIT系に就職しやすいのか

高卒という学歴の人間がIT系の仕事に就職を望んだ時に、その就職を実現できるでしょうか。製作会社においては十分その会社に正社員として採用されることは可能です。一般企業のIT系の部署となると、大学卒業の資格が必要なことが多いですが、より開発の現場に近い製作会社ならばまずは学歴よりもその人間が持っているスキルが求められます。制作会社には社員を教育している余裕が無いことが多いので、大卒の社員をじっくり教育して戦力にしていくより、即戦力になれる高卒人間のほうが評価は高くなります。もちろん採用してもらうためには、自分はIT系のスキルをきちんと有していることをアピールしなくてはいけません。高卒直後に就職を狙うよりも、アルバイトでIT系の開発の仕事をこなして自分のスキルを高め、経験を積んでから就活を行うほうが良いでしょう。
高校卒業後にフリーターで活動をしていてもまだ大卒の人間より若いというケースも十分にあります。年齢が若いことはアドバンテージにもなるので、大卒の同年代の人間よりもスキルを持っていて、その会社で役立てることを採用側に伝えていきます。若いうちに開発や制作の経験を豊富に積み、その経験を武器にマネジメントや管理職を担当していけば、後々に一般企業のIT関連の部門に正社員として転職することも不可能ではありません。正社員経験を積み、一般企業を対象にして転職市場に自分を売り出して大手も狙っていけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です