高卒で就職した際に感じるデメリットとは

「できるだけ早く社会に出て働きたい」「早く稼ぎたい」「早く自分の力を試したい」と、様々な理由で高卒での就職を考える人もいるでしょう。もちろん、早い段階でその世界に入るのが出来ることからメリットも大きいものです。特に若い年齢で仕事を始めることが出来るので、いろいろな知識や技術を吸収しやすいということが出来ます。
しかし、そういったメリットだけではなくデメリットもあるのです。まずは出世の速さに差が出たり、いくら頑張っても限度があるという事があります。同じように仕事をしていても大卒ならすいすい昇格していくのに自分はそのまま、という事もあるのです。特に現場での仕事経験が豊富な場合、自分の方が仕事ができると感じることも多いのでやりきれなさを感じることも多いでしょう。働くうえでのモチベーションにも大きくかかわってくることになります。
こういった点が高卒で就職する大きなデメリットと言えるでしょう。また、大学を出ているかどうかで一般知識や人間関係の広さなども変わってきます。同じことを学んだ仲間が同じ業界で多く活躍していくことが多く、それが仕事にも大きく影響していくことも考えられます。そういった人間としての幅広さを身に付けていく時期を持たずに社会に出てしまうことも大きなデメリットといえるでしょう。こうしたデメリットがあることを認識したうえでいたずらに卑屈にならず、自分自身で足りないことを補っていこうとすれば、高卒で就職してもうまくいく可能性が高くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です