高卒でもエンジニアとして就職は可能

高卒ではろくな就職口がないと考えている人もいますが、一概にそうとも言い切れません。高卒でもしっかりしたスキルさえ身につけておけば、大手企業の内定を勝ち取ることは十分に可能なのです。実際に高校を卒業して一流企業に入社し、現場で実績を積み重ねている人も大勢います。ただ、単純に高校を卒業するだけならもちろん就職は難しいです。可能な限りハイレベルで専門的で、需要の高いスキルを身につけておくことが望まれています。今でいうと、プログラミングのスキルはどこででも重宝されることでしょう。工業高校で旋盤加工をマスターしておくことも悪くはありません。こうしたスキルは一般の大学生も持っていない特殊技能になるので、競争率も低く、高卒でも十分に採用を勝ち取れます。給料も悪くないので、こうした道があるのなら、大学へ行かないという選択肢も十分にありだと言えます。
高校を卒業して現場に配属をされると、ゼネラリストよりもスペシャリストである方が楽なことに気づくはずです。何か一つでも他人にできないことができると、大学に行っていないからといって馬鹿にされることもありません。時間はあまりありませんから、高校の三年間はもちろん、それ以前から就職を見越して何かしらのスキルを磨いておくのが賢い方法になるでしょう。手に職をつけておくと、社会の荒波に揉まれても臨機応変に自分の力だけで生き残っていくことができるはずです。IT関連スキルは潰しが効きやすいので第一候補になると思います。
IT業界の将来性について【高卒からの狙い目職種】に詳しく書かれていますので参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です